2018年3月28日7:27 PM

桜の満開の下で…

本日は、桜が満開で、ひと風ごとにヒラヒラ舞う花びらがとても美しかったですね。 駒沢はらっぱプレーパークのお花見ベストポジションはなんと言ってもリーダーハウスの上です。子どもたちは屋根の上でお菓子を食べたり、寝っ転がったり… こんな遊びまで思いつきました。 それは、箒で屋根の上の花びらをはいて、リーダーハウスの下にいる子たちに向かって降らす遊び。 500A925B-31D5-42CF-9020-3A4C514BB193 ブワッと一気に降る桜の花吹雪、下の子たちはキャッチするのに夢中でした。大人も子どももやっぱり桜はいいな、と噛み締めた1日でした。 005E0BB8-B331-446A-8EC6-C12FD8039A2F 世話人しみず
2018年3月4日7:12 PM

こども商店街、絶讃準備中!

さあ、さあ、駒沢はらっぱプレーパークの最重要イベント、こども商店街(通称:こど商)が3/17(土)に迫っています! ご存知の方も多いと思いますが、こど商は、こども達が自分で参加を決めるところから始まり、お店を考えて作り、商品も自分達の手作り、当日は実際のお金を使って商売をするイベントです。そして親たちは手出し口出しせずに見守りましょう、というルールがあります。 B7EC59E9-5B56-4998-838A-FF4AAF134BF4 まだまっさらな地面のままの区画もあれば、もう何やら立ち始めているお店もあり様々です。ラスト3日で躍進する店もあれば、店を立てずにゴザを敷いて接客し「そっか、別に店っぽくしなくても良いんだな」と大人の思い込みを翻す店もあり、あきらめてしまう店もあり、なのがこど商です。 540C8B7F-D753-4618-89A7-284B207E1F8C 今回、初参加の子と見守るご両親を発見。焦れったかったり、慣れない工具使いにヒヤッとしたり… 傍らでヤキモキしながらも手出し口出しをしないように頑張っている様子が伝わってきました。私自身もこどもを見守るって修行だな、と思うことが多々あります(^^;; 泣いても笑ってもあと2週間!結果がどうであれ、こど商が、それぞれの子にとって100%自分の体験になりますように。今年はどんなお店が揃うのが楽しみにしています♪ 世話人しみず
2018年2月3日8:43 PM

鬼は〜外!

今日は節分。駒沢はらっぱプレーパークでも恵方巻きと豆まきの節分イベントを開催しました。 IMG_2606 はらっぱの節分は、怖い!という評判で、「子どもが3歳の頃に節分イベントに来たら鬼が怖くて、その後は子どもが怖がってはらっぱに来られなかった。」というような話を色々な人から聞きます。 私も数年前、一番最初にはらっぱの節分に来た時は、鍋を叩きながら髪(かつら)を振り乱して追いかける鬼達、真剣に逃げまどう子ども達による非常事態の異様な空気にちょっと引いてしまうくらいでした。阿鼻叫喚、そんな四字熟語が頭をよぎったのを覚えています。小学生がはらっぱの隣の緑泉公園へ逃げるのはもちろん、数ブロック離れた駐車場まで逃げて来た子達が「はぁ、はぁ、、ここまで逃げて来たらもう大丈夫かな」と言っていたのが印象的でした。追いかける方も追われる方もすごいエネルギーだなと改めて思います。 さて、今年の鬼は… IMG_2609IMG_2608 中々の完成度でした。とりあえず慣れている小学生は高いところに登って様子を見つつ、上から鬼に豆を投げつけるのは鉄則のようです。さらに慣れてる子達は、恵方巻きを食べ終わる頃には「そろそろ鬼が出てくるんじゃね?」いざ出て来ても逃げもしないで「へへーん、怖くないからね」という態度ですが(^^;; 今年は鬼が葉っぱをかざしながら子どもを追いかけるのは良いアイディアでした。来年は私のように自分は狙われないと高見の見物をしている大人達も、どうせ〇〇ちゃんのパパでしょと見透かしている小学生も、みんなが慌てる(でも本当に怖がっている子は脅かしすぎない)くらいにやってもいいかも⁉︎知れないですね(^^) 早くも楽しみです。   世話人しみず
2017年12月22日9:55 PM

オフロードな俺たち

はらっぱでの乗り物あそびは、オフロードが基本です。まだよちよちの頃の三輪車からいきなり強制オフロードデビューとなります。 本日のオフロードな俺たちは、3歳男児2名。2人とも立派にストライダーもオフロードで乗りこなしますが、今日の気分は四輪車でのツーリングのようです。 IMG_2248 んしょ、んしょ、と溝だらけの坂を登る彼ら。お母ちゃんが座っている坂の上のデッキを目指している模様。 IMG_2249 うへぇ、土がベッタベタ足の裏につきやがるぜ、と顔をしかめております。そう、今は“霜柱”の季節ですね。 コンクリートばかり歩いていると忘れがちですが、はらっぱに来ると開園直後は、しゃくしゃくと霜柱があちこちに。そして昼前からは霜柱が溶けて土がぐっちょぐっちょになります。で、よほど暖かくない限りはずーっとぐっちょぐっちょな土のまま日が暮れていきます。 あー、そうだった、そうだった。霜柱の後ってこんな嫌な感じだった、裸足にはなりたくないものだ、と経験豊かな大人たちは感じてしまいますが… 裸足上等、大いに味わい、楽しんでいる子どもたちをみるのは嬉しいです。 この季節、朝一で霜柱を踏みふみしにはらっぱへ来るのはいかがでしょうか?2月くらいまで“霜柱”やってます。無料ですよー(^^) 世話人しみず
2017年12月17日11:12 PM

巨大なお菓子の家、現る!

ひと足早いクリスマス会をはらっぱで行いました。ごらん下さい、この巨大なお菓子の家を! IMG_2240 なんとボロ市に出店していたご家族のパパが子守りのために、たまたまはらっぱに立寄り、前日に木枠の土台を作ってくれました。なので当日はじめてこの土台を目にした世話人がちょっと怖じ気づいたサイズ感です。材料の買い出し、もし人が来なかったら、などなど過ぎってしまう内輪の人間には作れない大胆さ。あっぱれです。 でも、だからこそ良かった!この家をみた子ども達、大人達もみなテンションが上がり、風にも飛ばされず頑丈で、参加者も多かったので最高のお菓子の家になりました。この場をお借りし、改めて、本当にありがとうございました。 ちなみにかなりのインパクトですが、木枠→段ボール→アルミホイル→クリーム→トッピングなので、中は空洞です。左官のようにクリームを塗っている様子。 IMG_2107 お次は、お楽しみのトッピング! IMG_2136 「できた〜!みんなでいっただきまーす!」が、1枚目の写真です。その後は、あちこちから手が伸びて初売りのワゴンセールさらながらの食べっぷりでした(^^;; 食べてばかりに見えますが、クリスマスシーズンにぴったりのミニライブも!はらっぱの人気者兄妹ユニット、飛び入り参加のパパ、母息子のパンクなアイリッシュクリスマスソング、手がかじかみながらも素敵な小学生のピアノ演奏、いつも盛り上げてくれる遊び隊バンドによる音楽のプレゼント☆ IMG_2190 子どもたちはもちろん、「自分の家族だけでは、ここまでできないよね〜、来て良かった。」と参加してくれたママパパも喜んでくれました。 そうなんです、仲間がいるから楽しい、はらっぱだからちょっといつもより自由になれる、遊びに本気になれる。そんな場のありがたさを、改めて実感したあたたかなクリスマス会でした。 世話人しみず