2018年5月1日12:52 PM

【大盛況】はらっぱ あそんで わらって 30年【御礼】

去る4月29日、はらっぱ30周年記念イベント「はらっぱ あそんで わらって 30年」が無事開かれました。 まず、お祭りの口火を切ったのは、子どもたちをはじめ、仮装した老若男女によるチンドン屋! img_0257.jpg 町を練り歩いてお祭り開始をアピール! そして、はらっぱに戻って来ると、チンドン屋に加わっていた昔の世話人さんたちが早変わり! 彼女たちを中心とした、「風鼓の会」による和太鼓の演奏がはじまります。 img_0258.jpg 青空に吸い込まれる太鼓の音! 盛り上がって来たところで、日頃お世話になってる来賓の皆様からのご挨拶をいただきます… と、思ったら、おや!保坂展人世田谷区長がお越しになっていました! せっかくだからお言葉を!とお願いしたら快諾くださいました。 img_0260.jpg img_0262.jpg はらっぱをはじめ、世田谷区のプレーパークを支えてくれている、児童課の課長さんも一緒にご挨拶くださいました。 img_0261.jpg (区長の挨拶を真剣に聞いている金太郎・笑) ちなみに、さっきから30周年と言ってますが、本当は遊び場としてのはらっぱの歴史はもうちょっと古いんです。 この辺りで子育てをしていたお母さんたちが、「子どもが自由に遊べる場所が欲しい!」と、自分たちで空き地を見つけ、地主さんに直接交渉をして、月に一度の遊び場「はらっぱ」を始めたのが、1985年。 その4年後、1989年に世田谷区のプレーパーク事業として委託を受けて運営するスタイルが始まりました。 つまり今回の30周年は「プレーパークになって30年目」のお祝いなのです。 ま、30年でも34年でも、ちょっとした時間です。 当時の子どもは大人になり、親になった人もちらほら。 当時のお母さん・お父さんたちは、まぁまぁの確率でおばあ・おじいちゃんになっています。 img_0265.jpg (なかなかファンキーなおばあちゃん・おじいちゃんではありますが) そんなわけでステージでは、はらっぱの34年の歴史を振り返るリレートークがあり、さらにはらっぱで育った若者や、はらっぱに関わって来た大人たちによるバンド演奏などがありました。 img_0306.jpg img_0279.jpg さらに、ステージ外では30周年記念ベーゴマ大会と、「謎の30人を探せ!」というゲームも同時進行で行われ、はらっぱは上を下への大騒ぎ(笑)。 写真も全然撮れてません〜(誰か追加して〜!)。 同時進行で行われていたベーゴマ大会やステージが一段落したところで、いよいよ本日のクライマックス! 「謎の30人を探せ!」の謎がすべて解けて、このイベントのためにつくられた「三重の塔」の壁画が完成しました!すると… img_0268.jpg 塔の上から、キュートな衣装に身を包んだ「いちご姫」があらわれました。 img_0276.jpg いちご姫が、お菓子や風船を配り、そして三重の塔のセンターポールにはらっぱの旗が揚がりました! img_0271.jpg 旗が上がった瞬間、とてもいい風が吹いて、キレイにはためかせてくれたんですよねぇ。 本当に素敵でした。 そしてラストは、はらっぱの元プレーリーダーや、子どもたちで結成された「ベイリーズミルク」による演奏。 img_0280.jpg img_0282.jpg ラストはおなじみ、みんなで輪になって踊ります。 そして、閉会後に10年前の20周年イベントで埋めたタイムカプセルを掘り起こしました。 閉会後にしたのは、どこに埋めたか分からなくなったから…ではなく、イベントの押せ押せの時間ではなく、ゆったりした普段のはらっぱの雰囲気の中で、10年前の自分と再会したかったからなんですよね。 img_0287.jpg まぁ、写真見る限り、わちゃーってなってますが(笑)。 そしてその後、もう一度、新しいタイムカプセルをつくり、また10年後の再会を約束しました。 img_0293.jpg 「はらっぱ あそんで わらって 30年」の名前の通り、楽しい一日となりました。 ご協力いただいた方、そして来場してくださった皆さん、本当にありがとうございました。 そしてもちろん、これからもはらっぱは続いていきます。 40年50年、そのもっと先まで続けられるよう、みんなでつないでいきましょうね! img_0300.jpg 世話人アタル!
2018年4月22日7:48 AM

絵の具スケートにカッパの子ども達

駒沢はらっぱプレーパークでは4/29(日)の「あそんで わらって 30年」イベント準備のため、連日ノコギリ、トンカチ、絵の具作業です。子ども達も気がつくと大工や塗装作業を自然に楽しむ賑やかな日々。 1633CEB7-C188-469E-9C74-C412843C874B とくに今日のメインステージの床塗り作業は絶好の遊びに。子ども達は、無垢板を刷毛やローラーを手に走り回る、走り回る。だんだん絵の具が塗れてくると、今度は滑るすべる。 周りで見ていた大人達も「スケートリンクになってるね〜」「羨ましい〜」 と和やかに眺めている良い時間でした(^^) 0F70B37B-30B1-461D-8FE0-34DCA60174BD その内に、誰かがツルっと尻もちをつこうものなら、その手があったかとばかりに、次々に転びはじめます。 4C011E54-3515-424E-B743-62AEBEE49466 終いにはみんな手足が真緑に染まり、カッパの子ども達になってしまいましたとさ。 FD1A54A9-AA1D-4A35-B664-85A553084F11 次の40周年、50周年の時も変わらず子どもの笑い声の中が周年イベントができますように。 世話人しみず
2018年4月21日9:16 PM

スリリングな屋根塗り

駒沢はらっぱプレーパークは来たる4/29(日)に迫った「あそんで わらって 30年」イベントの目下準備中です。 昨日からはメインステージの制作で、まずは後ろに見える廃材小屋の屋根塗り。傾斜がかかっているところに片手に刷毛やローラーを持っているため、わりとスリリングな作業でした(^^;; そこへ当然ながら「わたしもやる〜」の声が次々に。 E388E455-36D9-4FB5-A6F1-6D522347DCF7 小学生はともかく、不慣れな幼児達には、(やや余裕がないので内心)地面で椅子でも塗っててくれたら…と思いつつも一緒に塗り塗り…。 DD342EB1-3C55-4B59-831E-95F87ABE0ADB 「ねぇ、このハケに絵の具つけて〜」とパレットに近い人に刷毛をパスしたり。「あー、手が届かないー‼︎」「足場を変えてみたら、ここに足置いて良いよ」と助け合ったり、そんなやり取りをみんなでわーきゃー言いながらやるのはやっぱり楽しく、やっぱり小さい子も小学生も大人もみんなで一緒に作業できて良かったです。 作業がいつの間にか遊びに変わる、楽しかった思い出になる、プレーパークマジックをまたもや味わいながら日が暮れましたとさ。 世話人しみず
2018年3月28日7:27 PM

桜の満開の下で…

本日は、桜が満開で、ひと風ごとにヒラヒラ舞う花びらがとても美しかったですね。 駒沢はらっぱプレーパークのお花見ベストポジションはなんと言ってもリーダーハウスの上です。子どもたちは屋根の上でお菓子を食べたり、寝っ転がったり… こんな遊びまで思いつきました。 それは、箒で屋根の上の花びらをはいて、リーダーハウスの下にいる子たちに向かって降らす遊び。 500A925B-31D5-42CF-9020-3A4C514BB193 ブワッと一気に降る桜の花吹雪、下の子たちはキャッチするのに夢中でした。大人も子どももやっぱり桜はいいな、と噛み締めた1日でした。 005E0BB8-B331-446A-8EC6-C12FD8039A2F 世話人しみず
2018年3月4日7:12 PM

こども商店街、絶讃準備中!

さあ、さあ、駒沢はらっぱプレーパークの最重要イベント、こども商店街(通称:こど商)が3/17(土)に迫っています! ご存知の方も多いと思いますが、こど商は、こども達が自分で参加を決めるところから始まり、お店を考えて作り、商品も自分達の手作り、当日は実際のお金を使って商売をするイベントです。そして親たちは手出し口出しせずに見守りましょう、というルールがあります。 B7EC59E9-5B56-4998-838A-FF4AAF134BF4 まだまっさらな地面のままの区画もあれば、もう何やら立ち始めているお店もあり様々です。ラスト3日で躍進する店もあれば、店を立てずにゴザを敷いて接客し「そっか、別に店っぽくしなくても良いんだな」と大人の思い込みを翻す店もあり、あきらめてしまう店もあり、なのがこど商です。 540C8B7F-D753-4618-89A7-284B207E1F8C 今回、初参加の子と見守るご両親を発見。焦れったかったり、慣れない工具使いにヒヤッとしたり… 傍らでヤキモキしながらも手出し口出しをしないように頑張っている様子が伝わってきました。私自身もこどもを見守るって修行だな、と思うことが多々あります(^^;; 泣いても笑ってもあと2週間!結果がどうであれ、こど商が、それぞれの子にとって100%自分の体験になりますように。今年はどんなお店が揃うのが楽しみにしています♪ 世話人しみず
1 / 612345...最後 »