2017年10月22日11:53 PM

雨ニモ負ケズ

今年の東京は、雨が多いですね。 21日(土)、台風が近づき秋雨が篠突いていたはらっぱの様子です。 「屋外の遊び場って、雨の日はどうしてるの?」という質問を受けることもあるんですが、このようにブルーシートで屋根を張って、雨宿りする場所もつくりますが、基本的には子どもたち、雨の中でも遊びます。 雨天5 雨天6 この日は、野球をする子たちが多かったですね。 雨の日ってやっぱり子どもの数も大人の数も少ないので、人が多いとちょっとやりにくい野球も、気兼ねなくプレーできるわけです(はらっぱ野球は、新聞紙丸めてガムテープで固めたボールでやるので、当たってもケガはしないんですが)。 雨天4 さて、野球をやらなかった子たちは、何をしていたかと言うと、 雨天3 なんと、ウォータースライダー! 雨でいつもより滑るから、楽しいのだそうですが、それにしても晴れならともかく、雨の10月によくもまあ。 プレーワーカーのじばんも、一緒になって滑っていましたよ。 雨天2 とは言え、やっぱり寒かったらしく、滑り終わった後はお約束の入浴タイム。 雨天1 じばんをはじめ、子どもたちはお風呂に入ってるのに顔が泥んこ。 なんでも、泥パックをしているそうです(笑)。 雨が降っても、はらっぱの子どもたちは良く遊びます。 時間を忘れて、雨の冷たさも忘れて、楽しそうに遊ぶ子どもたち!なんだか、こちらまでパワーをもらった一日でした。 (世話人:アタル!)
2017年8月30日10:57 PM

雨ふりはらっぱ

はらっぱでは、よく雨や雷(先日はヒョウまで)に出会います。子どもは遊びに熱中して帰りたくないと言い、親も泥水遊びの前提で着替えやタオルを準備して来ているので多少の雨には動じずにいられるからか… 雨でも帰るタイミングを逃すのです。 今日も夕方からは、そんな雨ふりはらっぱでした。子ども達は雨もへっちゃら、むしろ降り始めてからがウォータースライダーはより盛り上がっていました。
雨の中、常連の幼児から青年までが一緒にスライダー遊び
雨の中、常連の幼児から青年までが一緒にスライダー遊び
結局6時の閉園時間まで雨の中、活きいきと遊び続けました。 「なんで雨の中スライダーやってるの?身体冷えないの?」と聞くと、ある子は「だって雨降ってる方がスライダー楽しいもん。水が上に溜まっていつもよりビューって滑るんだよ。」と答えました。 そうか、晴れた暑い時こそ「さぁ、ウォータースライダーで遊んだら?」雨の時は「身体冷えるから早く水から出たら?」と思ってしまう大人とは全く逆の発想も子どもはアリなんだな、と驚きました。 それならば、雨にもまけず 風にもまけず 雪にも夏の暑さにもまけずに好きなだけ遊んで下さい。   世話人しみず
2017年7月23日1:16 PM

リアル、スプ◯トゥーン⁈

この夏、はらっぱの空を飾っている素敵な横断幕。先日、ウォータースライダー完成を祝してみんなで作りました!
カラフル元気な横断幕
カラフル元気な横断幕
当日、小5のはらっぱ常連Aくんに「今日は思いっきり絵の具遊びするよ!布に絵の具をぶっかけたり好きにできるから一緒にやらない?」と聞くと、「えー、それってリアルスプラトゥーンじゃん!面白そう!やる!」とニヤリ。「…え、スプ、スプラトーン?何それ?」と思いましたが、後で調べたら絵の具をかけ合う人気ゲームのようです。 「でもこの服、あんまり汚れちゃいけないんだよな… だから、脱ごう!」と上半身裸になり、絵の具を浸した雑巾を元ワーカーのオッキーと投げ合うAくん。汚れちゃいけないからやらない、じゃなくて、脱ぐ!かっこいいなぁ…
はらっぱでの絵の具遊びはこうなる!
はらっぱでの絵の具遊びはこうなる!
手加減なしで塗りたくる
手加減なしで塗りたくる
元ワーカーのオッキーと互角に絵の具ファイトを楽しむとAくんは再びスライダーへ。そして、帰る時には、アレ?さっきの絵の具は?とワーカーもビックリ。水遊びで身体の絵の具が知らぬ間に落ちたようです。 派手に遊ぶと後片付けが厄介なのも事実。体験を通じて分かっているAくん、服は最初に脱ぐ、絵の具は水遊びで落とすというのは賢いなぁと感心しました。こんな風に子ども達が遊びを通じて逞しく成長し、伸びのび開放されている姿を見られることは、プレーパークの大人達の一番の楽しみです。   世話人しみず
2017年7月17日9:42 PM

スプラッシュ‼︎

本日のはらっぱのウォータースライダー完成祝イベント、“はらっぱスプラッシュ”は、大盛況でした! 待ちに待ったウォータースライダーに子ども達は大はしゃぎ。この大人数がほぼ同じメンバーのまま数時間ずーっと滑っていました。 IMG_0414 このウォータースライダー作りにメインで携わってきたお父さんさんが、みんなの喜び様に「ほんと作って良かったな… ようやく俺もベーゴマができるよ(←元々は週末にベーゴマを楽しんでいたパパ)」とつぶやいていました。 貴重なお休みであるはずの週末を、灼熱の太陽の下の重労働、ウォータースライダー作りに費やして下さった地域のパパさん達、元ワーカーのオッキーには本当に感謝です。ワーカー達も作業に力を入れつつも、現場や子ども達を気にかけながら本当に頑張りました。作業に関わってくれた子ども達の存在も大きな励みになりました。またご飯の差し入れ、現場の目配りなど世話人達や常連のお母さん方、陰に日向にみんなの支えがあってのウォータースライダー完成です。
スライダー作りメインメンバーによるテープカットの模様。いつもいて今日たまたま来られなかったメンバーもいましたが…
スライダー作りメインメンバーによるテープカットの模様。いつもいて今日たまたま来られなかったメンバーもいましたが…
  本当にありがとうございました。 みんなで目一杯遊びましょう‼︎ そして、こんな素晴らしいウォータースライダー、制作はボランティアに支えられていても、材料費はかかっております… 分厚くて丈夫な大判ビニールシートや防腐剤、なんだかんだで15万円ほどになりました。もしウォータースライダー材料費のカンパにご協力いただける方がいらしたら、プレーワーカーまでお声がけ下さい。スライダーが出来上がった後ですが絶賛受付中ですので、よろしくお願いします。   世話人しみず
2017年7月13日8:18 AM

虹色イス

今日のはらっぱでは、ボランティアの大学生や大人が、夏休み休業の告知やイベントのための看板描きをしていました。 お絵描き大好きな年長仲良し3人組は興味深々。「私たちもお絵描きしたい!」「でも、何描こう…」と聞くと、プレーワーカーのケイが「このイスは?使っていいよ〜」と持って来てくれました。 子どもが何かやりたいという時、「じゃあ、自由に自分でやりなよ」と返しても、年齢や状況よって緊張したり、ぼんやりしたやりたい気持ちがしぼんでしまったりする場合も… 子どものやりたい気持ちや状況を汲み取って、必要に応じてとっかかりを与えたり場をほぐすのは、プレーワーカーの大切な役割です。親が言うと指示みたいに伝わってしまいそうでも、子どもと同じ目線で話せるプレーワーカーが提案すると、なるほど、良いかも、と一気に遊びに火がつくことがあります。
没頭する3人…男の子達も混ざったり
没頭する3人…男の子達も混ざったり
できた!「ねぇ、このイスの名前は、虹色イスにしよう。」とのこと。
できた!「ねぇ、このイスの名前は、虹色イスにしよう。」とのこと。
  ふと見ると絵を描いていたメンバーがいなくなっている… と思ったら次のイスに着手している3人。 IMG_0194
裏面も塗っている!
裏面も塗ってるね。
見事完成!なんてハッピーなイス!
見事完成!なんてハッピーなイス!
  明るくて伸び伸びしたこのイスは、まさに描いていた子ども達そのもの。誰がリーダーでもなく、相談するでもなく、それぞれが塗りたいように黙々と塗っていた様子はとてもハッピー!普段から遊んでいてお互いを信頼し、認め合い、刺激し合える関係なんだなと思いました。 このイスに座ったら気分が上がること間違いなし♫ あなたもはらっぱへお越しの際には、ぜひこの虹色イスに腰かけてみてはいかがでしょうか。 世話人しみず
1 / 3123