2017年3月3日 5:23 PM

プレーワーカー会『総しめくくりの会』のお知らせ

プレーワーカー会は4プレーパークのプレーワーカー9名、事務局2名、担当理事1名の総勢12名で、毎月2回現場での悩み、子どもや保護者との対応の検討、事故の検証等、多くのことが議論されます。

毎年その締めくくりに、その年度行ってきたことを中心に発表を行っています。

今年は、現場で子どもの声(つぶやき)を拾い続けました。
そこからうかがえる子どもの姿は楽しいばかりでなく、切なかったり、恐ろしげであったり、頼もしかったり、様々です。
その声の展示を行います。
そしてその声から拾った1シーンを再現し、ワーカーで演じたいと思います。
皆さんに、きっといろいろな気持ちを抱いていただけると思います。

そしてもうひとつ。
今年度は、かつてない理由がわからない事故に複数見舞われた年でもありました。
なぜこの状況で起きるのか、そうした落下事故事例を紹介し、子どもに一体何が起きているのかを考えたいと思います。
当日は、2部構成です。

日時:3月13日(月) 18:30~21:30(18:15受付開始)
場所:宮の坂区民センター 2F大広間(世田谷線宮の坂駅下車徒歩10秒・世田谷区宮坂1-24-6)

要申し込み:お問い合わせページ(コチラ)より名前、所属、連絡先(番号・メールアドレス)をご記入の上、お申し込みください。(定員40名)
参加費:無料(カンパ大募集!当日物販販売もあります)
※子連れでも大丈夫ですが、託児はありません。

<内容>
●第1部 「子どもの声をひろう~心に残るあの一言~」
日常のプレーパークの中で、プレーワーカーが拾った子どもの言葉をお届けします。
当日は、今までの声の展示発表と、ひろい集めた子どもの声をプレーワーカーが実際に演じます。
子どもの言葉に出会ったときに、みなさんは何を感じますか?

●第2部「不可解な落下」
今年度、各プレーパークで「なぜ、こんな事故が起こるのか」という事故が発生しました。
子どもの体におきている変化に注目し、さまざまな視点から検証してきました。
いろいろな現場の方への聞き取り調査の報告も含め、みなさんと一緒に考えていく機会にしたいと思います。